渡航先の決定

渡航先の決定

渡航先の決定

それでは続いて留学の種類についてご紹介していきましょう。

•語学留学(短期、長期、ホームステイ、親子留学)
留学目的で一番多い語学留学は、語学力を高める目的で、アパート等の自宅から語学学校へ通う他、現地のお宅にホームステイして学校へ通う方法もあります。更には教師のお宅にホームステイしてのホームスクール的な方法もあります。親子で一緒に語学を学ぶ為に留学する親子留学も近年では増えてきています。

•正規留学(中学留学、高校留学、大学留学)
本格的な留学にはこの正規留学がおすすめです。世界各国の日本人留学生を受け入れている学校で海外での学生生活を体験でき、将来国際人としての飛躍する大くのチャンスがあるでしょう。

•お稽古•スポーツ留学(料理、音楽、スポーツ、ダンス、エステシャン、ネイルアート、美術、マッサージセラピスト)
「ぷち留学」とも呼ばれ、短期での習い事やスポーツなどが学べます。さらに現地の生活も体験できて、海外生活を体験してみたい初心者の方にはおすすめです。いろいろなコースがありますので、自分にあったものが選択できます。短期留学ではビザが必要ありませんので、短期間で準備ができるのも魅力です。

•インターンシップ(職場体験)
実際に海外で職場体験ができる方法です。留学後のキャリアアップを目指している方にはぜひおすすめです。インターンシップは基本的に1年間ですが、その後も職場によっては正社員への採用も夢ではありません。

•ワーキングホリデー(1年間のアルバイト)
1年間(国によっては2年間の場合もあります)アルバイトをしながら海外生活が体験できます。現在では、カナダ、オーストラリア、韓国ほか11カ国でワーキングホリデーとして働く事ができます。年齢制限は30歳までとなっています。

PageTop